印刷 | 通常画面に戻る |

コーラン

ムハンマドの言行をまとめた、イスラーム教の経典。正しくはアル=クルアーン。

 イスラーム教の経典である『コーラン』は、原音に忠実に表記すれば、アル=クルアーンという。アラビア語で書かれたイスラーム教の根本教典で、預言者ムハンマドが語った啓示(神の言葉)を、彼の死後にまとめられたもの。礼拝や様々な集会で節を付けて美しく朗誦されるものである。またコーランは神の言葉そのものであるので、アラビア語からほかの言葉に移すこと(翻訳すること)は出来ない、とされている。今でも世界中のイスラーム教の聖職者はアラビア語のコーランを理解し、朗誦している。コーランが書物としてまとめられたのは、3代カリフのウスマーンのときである。
またコーランは、イスラーム教徒(ムスリム)にとって信仰の拠り所であると同時に生活の規範でもあり、またイスラーム社会の根源ともされた。そこでコーランは、後にまとめられたムハンマドの言行録であるハディースとともにイスラーム法(シャリーア)の基準となり、裁判もそれにもとづいて行われている。またコーランとハディースの解釈にあたる学者がウラマーであり、現在に至るまでイスラーム社会の指導者として重きを為している。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
4章1節 ア.イスラーム教の誕生