印刷 | 通常画面に戻る |

中国の殷王朝の都の当時は大邑商といったので、殷の王朝名も商とされた。日本では殷の別称とされることが多いが、現在の中国では商を本来の王朝名としている。

 殷墟が発見され、大量の甲骨文字が解読された結果、殷の時代にはこの地は「商」と言われる都市であったことが判った。また、甲骨文字で「大邑商」とも書かれている。したがって王朝後期の都は「商」といわれていたが、当時の殷の人々は「商」を自らの国号としても使っていたようだ。最新の概説書でも「殷は、商という大邑が他の邑を服属させる邑制国家であったので、殷王朝は商王朝とも呼ばれる」とも説明されている。<佐藤信弥『中国古代史研究の最前線』2018 星海社>
 日本の世界史教科書では、現在でも中国最古の王朝を「殷(商)」としており、山川出版社世界史B用語集でも王朝の名称としては「殷」とし、「商は殷の別称」という扱いである。しかし、中国の中学校酔う歴史教科書では、「商」を正式な王朝名(夏に次いで二番目の)としている。

参考 中国の教科書での商

 中国の中学校酔う歴史教科書では、「紀元前16世紀、黄河下流にあった商の部族がリーダーの湯(とう)に率いられ、夏の桀が民心を失った隙に、兵を挙げて夏を攻め」て滅ぼし、湯は商の君主として強大な奴隷制国家を建てたと説明し、さらに次のように入っている。
(引用)商の湯は亳(はく)に都を定めた。政治の混乱と水害により、商の前期にはしばしば遷都した。紀元前14世紀になって、商王の盤庚(ばんこう)が殷に遷都すると、国は安定し始めた。後世の人は商を殷または殷商と呼んでいる。盤庚による殷への遷都ののち、商の統治範囲は拡大しつづけ、当時の世界の大国となった。<小島晋治・並木頼寿監訳『入門中国の歴史 世界の教科書シリーズ 中国中学校歴史教科書』2001 明石書店 p.79>
 これによれば、日本とは逆に、「商」が正式な王朝名で、「殷」は途中で遷都した都の名前であり、殷に遷都してから盛んになったので、後の人が殷または殷商というようになった、という。
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

小島晋治・並木頼寿監訳
『入門中国の歴史』
世界の教科書シリーズ
中国中学校歴史教科書
2001 明石書店