印刷 | 通常画面に戻る |

ボッティチェリ

15世紀、フィレンツェの画家でルネサンス絵画の代表的人物。『春』、『ヴィーナスの誕生』で人間美を表現した。

 15世紀、ルネサンス全盛期のフィレンツェ出身の画家(1444~1510)。フィリッポ=リッピとヴェロッキオの工房(アトリエ)で腕を磨き、ロレンツォ=ディ=メディチの愛顧を受け、プラトン=アカデミーにも招かれている。代表作『春』『ヴィーナスの誕生』はともにキリスト教の題材、ギリシア神話を題材としたもので、当時のフィレンツェの思想動向である新プラトン主義と人文主義をよく示している。まさに人間賛歌ともいえるこの二つの傑作は、またルネサンスの華美と頽廃を象徴するものとして、サヴォナローラの批判を浴びた。メディチ家がいったんフィレンツェを追放された後、サヴォナローラが権力を握ると、ボッティチェリもその説に心酔し、画風を全く変えてしまう。そしてサヴォナローラ没落後は再び絵筆をとることなく、寂しい晩年を送ったという。

ボッティチェリの作品

『春』と『ヴィーナスの誕生』 フィレンツェのメディチ家のロレンツォ(イル=マニフィコ)の従弟のために製作されたテンペラ画。『春』はオレンジの実る暗い森の中でヴィーナスを中心にフローラや美の三女神を配し、春の喜びの到来を装飾的に描いている。また『ヴィーナスの誕生』と対になっていて、こちらはヴィーナスが海の泡から誕生した神話を題材にしている。ヴィーナスはローマ神話の「美と愛」の女神(ウェヌス)であり、ギリシア神話でのアフロディーテにあたる。ボッティチェリが、キリスト教の主題ではなく、神話に題材を求めているところに、ルネサンス美術の精神を見ることができる。ただし、ボッティチェリはこのような神話を題材にした絵ばかりを書いていたわけではなく、そのほとんどは他のルネサンスの画家と同じように宗教絵画である。

春
ボッティチェリ 1482 春 フィレンツェ・ウフィッツィ美術館蔵

ヴィーナス
ボッティチェリ 1485 ヴィーナスの誕生 フィレンツェ・ウフィッツィ美術館蔵
印 刷
印刷画面へ