印刷 | 通常画面に戻る |

ガリポリの戦い

第一次世界大戦でイギリス・フランス連合軍がダーダネルス海峡入口のガリポリに上陸を敢行したが失敗した。を抑えロシアと連絡を可能にするためにトルコ上陸を図り失敗した戦い。

第一次世界大戦オスマン帝国(トルコ)が1914年10月に参戦したため、ダーダネルス=ボスフォラス海峡がドイツ海軍にを抑えられることとなった。これは、ロシアにとって危機であり、イギリスにとってもスエズ運河の防衛にも大きな障害となる。そこでイギリスの海軍大臣ウィンストン=チャーチルは、英仏軍とロシア軍が連絡をつけることができるようにするため、ダーダネルス海峡の入り口にあたるトルコのガリポリ要塞を攻撃・占領する作戦を立てた。その作戦に基づいて、1915年4月25日、イギリス・フランスの連合軍にオーストラリア・ニュージーランド連合軍(ANZAC)が加わって攻撃したが、トルコ軍は守備隊長ムスタファ=ケマルに指揮されて容易に陥落しなかった。
 攻防が続く間、1915年10月14日にブルガリアが同盟国側に参戦し、12月にはセルビア軍がオーストリア軍に敗れたためドイツ・オーストリア軍とトルコ軍が直接連絡を取ることができるようになり、連合国軍のガリポリ作戦は失敗に終わり、翌16年1月に撤退した。その代わりに15年10月にギリシア領のサロニカに上陸し橋頭堡を築き、ギリシアを説得して連合国側に参戦させた。
 このガリポリの戦いで英仏軍を撃退したトルコのムスタファ=ケマルはこの時弱冠34歳、ガリポリの英雄として戦後にその名声を高め、後にトルコ共和国の初代大統領となる足場を築いた。一方のチャーチルは作戦失敗の責任を取り、一時閣外に去る。なお、オーストラリアでは、4月25日をアンザック・デーとして戦死者を追悼する日としている。(A=Australia NZ=New Zealand A=Army C=corps)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 ア.第一次世界大戦の勃発