印刷 | 通常画面に戻る |

ピルグリム・ファーザーズ

1620年、イギリス人のピューリタンで、メイフラワー号に乗船し、初めてアメリカ大陸に移住した人びと。

 the Pilgrim Fathers ピルグリムとは、「巡礼」の意味。ピルグリム・ファーザーズは「巡礼始祖」と訳され、1620年に国教会を強制するジェームズ1世の迫害から逃れたピューリタン(清教徒。国教会からの分離を主張したので分離派 separatists とも言われる)で、メイフラワー号に乗って北アメリカに渡り、プリマスに上陸した人々を言う。メイフラワー号には102人が乗船していたが、そのうち41人はイギリス国教会を批判するピューリタンたちであり、アメリカに渡る前には、一時オランダのライデンに移住するなど、信仰の自由を求めて移動したので、「巡礼」と言われた。

アメリカ大陸に移住

 彼らはヴァージニア植民地の成功の話を聞き、そこをめざして1620年9月、イギリスのプリマス港を出発し、65日間の航海の末、ヴァージニアのかなり北方のケープ=コッド(Cape Cod タラの岬の意味)に到着、上陸して植民地プリマスを建設した。彼らは上陸に先立つ11月11日にメイフラワー号の船中で「メイフラワー契約」を締結し、新天地に移住するにあたり、「契約により結合して政治団体をつくり、もってわれらの共同の秩序と安全とを保ち進め」ることを誓約した。
 最初の冬は穏やかだったので乗りきったが、次第に病気が広がり、最初の一年間で移住者の約半数が亡くなるという苦労を味わったが、ウィリアム=ブラッドフォードに指導されてプリマス植民地を建設したピルグリム=ファーザーズは、メイフラワー契約に基づいて一つの自治体を作り上げ、政治的・宗教的に自立した社会を作り上げていった。
印 刷
印刷画面へ