印刷 | 通常画面に戻る |

モルドバ/モルドバ共和国

オスマン帝国とロシアの抗争の地だったベッサラビア一帯。第二次世界大戦中にソ連が占領、社会主義国となる。1991年、ソ連解体に伴い独立した共和国となる。現在もルーマニア・ロシアとの国境紛争を抱える。

ベッサラビア地図

ベッサラビア・モルダヴィア・ワラキアのおよその位置
赤い色は現在の国名・国境 YahooMap で作成

 モルドヴァとも表記。旧ソ連邦を構成していた国。プルート川をはさみ西をルーマニアと、ほぼドニェストル川流域をはさんで東をウクライナに接している。文化的にはルーマニアの影響が強く、モルドバ語もルーマニア語と同じ。人口は約400万。首都はキシニョフ。

オスマン帝国とロシア帝国の抗争の地

 かつてこの一帯は、ベッサラビアと言われ、オスマン帝国、ロシア帝国などの争奪の対象となった。14世紀後半からはモルダヴィアのモルドヴァ公(現在のルーマニア)が支配したが、15世紀からはオスマン帝国の宗主権の下におかれた。18世紀から南下政策を実行し始めたロシアが進出し、1812年にロシアがオスマン帝国から奪った。
 クリミア戦争でロシアが敗れたため、1856年のパリ条約では南部がモルドバに割譲されたが、露土戦争後の1878年、ベルリン条約で再びロシア領となった。
 ロシア革命が起こり、ロシア帝国が倒れると、1918年にルーマニアが占領し、併合を宣言した。ロシア革命政府はそれを認めず、対立が続く。1920年のパリ条約でルーマニアの領有が国際的に承認される。第二次世界大戦中の1940年、ソ連は独ソ不可侵条約の秘密協定に基づき、ベッサラビアを占領して、モルダヴィア・ソヴィエト社会主義共和国を創設した。

ソ連からの分離独立

 1947年、連合国とルーマニアの協定で、ソ連帰属が承認される。その後ソ連邦(ソ連)の一員として存続したが、1989年の東欧革命の影響を受け、ソ連からの分離運動が活発となり、1991年国名を「モルドバ共和国」に変更し、12月に独立国家共同体(CIS)に加盟した。1994年には新憲法が制定され、民主化、市場経済導入が進んだが、2001年には共産党が議会で多数を占め、大統領も出した。

沿ドニエストル問題

 しかし、トニエトストル東岸一帯にはロシアからの移住者が多く、かれらはロシアとの分離を認めず、1991年には武力衝突に発展した。現在も事実上「沿ドニエストル共和国」が統治しており、中央政府の支配は及ばす、全欧安全保障協力機構(OSCE)が調停に当たっているが、対立は続いている。

NewS モルドバに女性大統領登場

 2020年11月、モルドバで初の女性大統領としてマイア=サンドア(48歳)が就任した。彼女はモルドバに生まれアメリカ、ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学、母国語ルーマニア語以外に英語、ロシア語、スペイン語もあやつる。2012年に帰国して政界入り親露派の社会党ドドン政権に対する野党として改革を主導、19年に連立内閣の首相となった。ルーマニアとウクライナの間に位置し、ロシアと欧州の間で揺れてきた小国の「統合と経済の立て直し」を目標に掲げ、20年11月に大統領に選出された。EUとロシアの双方とも対話を重視してバランスのとれた外交を目指すとしているが、国内のロシア系住民が一方的に独立を宣言している「沿ドニエストル共和国」に駐留するロシア軍の撤収などを要求しており、微妙なかじ取りが求められそうだ。<毎日新聞 11/25 東京朝刊> → 毎日新聞ネットニュース
印 刷
印刷画面へ
-->