印刷 | 通常画面に戻る |

単于

匈奴など、遊牧国家の君主の称号。冒頓単于などがよく知られている。

 ぜんう。匈奴帝国など、騎馬遊牧民である遊牧国家の君主の称号で、「広く大きい」の意味のモンゴル語からきた。鮮卑でも単于が用いられた。

匈奴の君主名

 単于の正式名称は、撐犂孤塗単于(とうりことぜんう)であって、撐犂(とうり)とは天(モンゴル・トルコ語の天 tengri にあたる)の意であり、孤塗とは子(ツングース語の子 guto 、またはエニセイ語の (bi)kjal にあたるかと考えられている)の意である。また、単于とは広く大きい(モンゴル語の、ひろげたる delgüüにあたる )の意であって、あわせて「天より生まれたる大君主」となり、中国の天子・皇帝に葬送する名称であるとされる。
 匈奴帝国の単于では、前3世紀末のその全盛期に漢の高祖(劉邦)の軍を破った冒頓単于がいる。

柔然以降は可汗となる

 柔然突厥以後の北方民族・遊牧民では、王位は可汗(かがん)と称されるようになり、モンゴル帝国のハン位につながる。
印 刷
印刷画面へ