印刷 | 通常画面に戻る |

リヴァプール

イギリスの三角貿易の一環である奴隷貿易の拠点として繁栄し、産業革命期は綿布積出港として栄えた。

リヴァプール YahooMap

 イギリス(イングランド)の西海岸にある港湾都市。18世紀にブリストルと並んで、イギリス・アフリカ西岸・西インド諸島などを結ぶ三角貿易の拠点となり、黒人奴隷貿易で繁栄した。

三角貿易(黒人奴隷貿易) 18世紀

(引用)三角貿易のお蔭で、18世紀のヨーロッパには二つの新しい港湾都市が彗星の如く台頭した。すなわち、イギリスのリヴァプールとフランスのナントである。17世紀にすでに成長を開始していたブリストルやボルドーも、この貿易の拡大に伴っていっそう発展した。リヴァプールの最初の奴隷貿易船は、1709年にアフリカに向かった30トンの小型船であった。1783年になるとこの港は、奴隷貿易のために85隻、1万2294トンの船を保有するに至った。1709年から1783年までに、延べ2249隻、24万657トンの船がリヴァプールからアフリカに赴いた。年平均にすれば30隻、3200トンである。全船舶に対する奴隷船の比率は……1771年には3隻に1隻が奴隷貿易船となった。1752年には88隻のリヴァプール船がアフリカから運び出した奴隷は2万4730人を数えた。<エリック=ウィリアムズ/川北稔訳『コロンブスからカストロまで』1970 岩波現代新書 2014 p.229-230「資本主義と奴隷制」>
 リヴァプールが1770年にアフリカへ輸出した商品は、豆類、真鍮、ビール、繊維品、銅、ロウソク、椅子、サイダー、索具、陶器、火薬、ガラス、小間物類、鉄、船、双眼鏡、しろめ、パイプ、紙、ストッキング、銀、砂糖、食塩、やかん。まるでイギリス物産の一覧表の感がある。<同上書 p.230>

Episode リヴァプール税関の紋章は何を語る

(引用)当時、リヴァプール市民の人口に膾炙した常套句にこんなのがあった。すなわち、わが町の大通りを区切るのはアフリカ人の奴隷をつないだ鉄鎖、家々の壁に塗り込められたのは奴隷の血潮、というのである。実際、1783年までにリヴァプールは、商業の分野では世界一有名な――というか不名誉な、というかは立場の問題だが――都市のひとつとなった。赤レンガ造りの同市の税関が採用しているニグロの頭部を象った紋章こそは、このリヴァプールが何を踏み台として発展したかを無言のうちに、しかしきわめて雄弁に物語っている。<エリック=ウィリアムズ『同上書』 p.230>

Episode 黒人の血で固められた煉瓦 リヴァプール

 同じくエリック=ウィリアムズには、次のような文がある。
(引用)同市(リヴァプール)には、ある役者についてこんな挿話がつたえられている。その役者は、一再ならず酔っぱらって舞台に出たため、ひっこめとばかり観客に野次られたが、そのとき少しも騒がず威たけだかにやり返した。「リヴァプールくんだりまでやってきて、人でなしどもに野次られるなんて、おたまりこぼしがあるものかい。おまえさん方の町じゃあ、地獄じゃないが、煉瓦は一枚一枚アフリカ人の血で固めてあるんだってね」。<エリック=ウィリアムズ/中山毅訳『資本主義と奴隷制』初刊 1944 ちくま学芸文庫 2020 p.108>

産業革命 18世紀後半

 18世紀の後半に産業革命が起きると、後背地であるランカシャー地方のマンチェスターを中心に木綿工業が勃興し、その機械製綿布の輸出港となった。1830年にはリヴァプール・マンチェスター鉄道が最初の鉄道営業を開始した。

移民 19世紀~現代

 19世紀にはアメリカへの移民の出発地として利用された。その後もイギリスの主要な貿易港として続いたが、第二次世界大戦後はイギリス経済全体の落ち込みと共に貿易も不振となり、リヴァプールもかつての繁栄は見られなくなった。しかし、文化面では早くから新しいものを生み出す活力を持っていたのか、特にポピュラー音楽において「リヴァプール・サウンド」が若者の支持を受け、その中から1960年代に彗星のごとく出現したのがビートルズだった。なお、リヴァプールは2004年にその市街地が近代港湾都市の遺構として世界遺産に登録された。

News リヴァプール「危機遺産」に登録

 ビートルズゆかりの地、リヴァプール(リバプール)は18~19世紀の産業革命を機に、ヨーロッパからアメリカに渡る移民や奴隷、物資を中継する「海商都市」として栄えた。世界初の耐火倉庫やドック、船会社のビルなど大英帝国を支えた施設の残る街の一部が2001年に世界遺産に登録され、倉庫やビルの一部はホテルやオフィスになっている。しかし、大戦前に80万を超えた人口は現在、46万ほど。仕事の無い人のいる世帯の割合は40%を越え、イギリスの中で最も高い。市の再生が大きな課題となり、遺跡周囲の緩衝地帯に大規模な商業施設計画が持ち上がった。その計画に対し、ユネスコは2012年、緩衝地帯に高層ビルなどを建設すると歴史的景観が損なわれるとして、リヴァプールを「危機遺産」に登録した。世界遺産としての価値が失われればリストから外す可能性が出てきたのだ。他に内戦状態にあるリビアのパルミラ遺跡など8件が新たに危機遺産に登録された。リヴァプール市関係者は「再生」と「世界遺産」を両立させる計画を練り直すと言っているが、見通しは立っていない。<『朝日新聞』2016年8月5日付け>
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

E.ウィリアムズ
中山毅訳
『資本主義と奴隷制』
初刊 1944
ちくま学芸文庫 2020


エリック=ウィリアムズ
/川北稔訳
『コロンブスからカストロまで(Ⅰ)』カリブ海域史1942-1969 初刊 1970
岩波現代文庫 2014