印刷 | 通常画面に戻る |

アラスカ/アラスカ買収

1741年にベーリングが到達してロシア領となる。1867年、アレクサンドル2世の時、アメリカに売却した。19世紀末に金鉱発見。1959年、州となる。

ベーリングのアラスカ到達

 アメリカ大陸の西北端に位置するアラスカは、現在はアメリカ合衆国の州であるが、かつてはロシア領であった。ロシアのピョートル1世の命令によってシベリアの奥地を探検し、1728年ベーリング海峡を発見したベーリングが、大帝の死後の二度目の探検で、アリューシャン列島を東に進み、1741年に北米大陸の北西部に上陸した(ただしベーリングは帰途に死去した)。その地にはまだイギリス人もフランス人も到達しておらず、ロシア領アラスカとした。その後、アメリカ合衆国が独立したが、それは東部十三州に限られ、当然アラスカまでには及んでいない。
 その後、ロシアは1799年にロシア・アメリカ会社を設立し、さらにアメリカ大陸西岸を南下して入植地を拡げようとした。それは、太平洋方面に領土を拡張しつつあったアメリカ合衆国にとって一つの脅威となった。1823年にモンロー大統領はモンロー教書を発して、ヨーロッパ諸国のアメリカ大陸への干渉を排除しようとした背景の一つは、ロシアを含むウィーン体制下のヨーロッパの神聖同盟が新大陸に進出してくることを警戒したことが挙げられる。

アラスカ売却

 しかし19世紀中ごろになり、ロシアはクリミア戦争に敗れたアレクサンドル2世は近代化改革に迫られたため財政難に陥り、自国領であったアラスカをアメリカへの売却を申し出た。交渉が成立し、1867年3月30日に売却されたが、その価格はわずかに720万ドルであったという。南北戦争後の国土統一を進めていたアメリカ合衆国(リンカンは暗殺されていたので大統領はジョンソン)にとっては好条件の取り引きとなった。

州に昇格

 その後、19世紀末から20世紀初頭にかけてアラスカでも金鉱が発見され、ロシアは大いに悔やむこととなった。アラスカではさらに石油・天然ガスなどの豊富な地下資源が発見され、重要度を増していった。さらに冷戦時代には対ソ戦略でも重要な位置にあったため、その自然環境の過酷さから人口は少なかったものの、1959年にアメリカ合衆国の49番目の州に昇格した。
 アラスカ州にある北米大陸最高峰のマッキンリーは、第25代大統領となったマッキンリーに因む名であるが、2015年8月31日に、アラスカ先住民の呼称である「偉大なもの」を意味する「デナリ」に改称された。
印 刷
印刷画面へ