印刷 | 通常画面に戻る |

高宗

朝鮮王朝の国王。大院君の次男。王妃の閔氏一派、日本の干渉など苦しむ。1897年、大韓皇帝となるも1905年、日本の保護国となったことで主権を奪われ、1907年、ハーグ万国平和会議に密使を送って訴えた。この密使事件の責任を朝鮮統監の伊藤博文に追求され、退位した。1919年死去の際には朝鮮で三・一独立運動が起こった。

 こうそう、コジョン。朝鮮王朝(李朝)の末期の国王(在位1863~1907)。宮廷の実力者大院君の次男として1852年に生まれた。この年は明治天皇の生年と同じであった。先王が子なくして没したとき、12歳で即位し、大院君が摂政となった。このころ外国勢力の開国要求が強まっていたが、大院君は攘夷思想に基づいて排外政策をとった。1873年に成人して大院君は隠居し、親政を行うこととなったが、王妃の閔妃(びんひ、ミンビ)とその一族が政治の実権を握った。このように王妃の一族の外戚が宮廷で実権を握ることを勢道政治といい、朝鮮王朝の悪しき伝統となっていた。

開国とその後の苦悩

 明治維新で近代化を開始した隣国の日本が1875年に江華島事件を起こして朝鮮に対して開国を迫り、1876年、閔氏政権はその圧力に屈して不平等条約である日朝修好条規を締結し、開国した。
 その後、朝鮮宮廷では宗主国である清朝と結ぶ保守派の事大党と、日本に倣って近代化を進めようとする独立党が激しく対立し、壬午軍乱甲申政変のクーデター事件が続き安定しなかった。そのような不安定な状態は、清・日本・ロシアなどの介入によってさらに深刻になった。

大韓帝国皇帝となる

 特に日清戦争の後の1895年に日本公使らによって閔妃暗殺事件が起こったことは衝撃を与えた。この事件で日本は後退し、代わってロシアの勢力が強まり、高宗も一時ロシア公使邸に移るなど、関係を深めた。日清戦争の下関条約で清の朝鮮に対する宗主権は放棄されたので、1897年10月に国号を大韓帝国(略称韓国)に改め、高宗も皇帝を称し、年号も定めて光武とした。
第1次日韓協約 その後、朝鮮半島を巡る日本とロシアの対立が先鋭化し、1904年に日露戦争が起こると、戦争を理由として日本は1904年8月第1次日韓協約を強制し、財政と外交で日本人顧問を置くことを認めさせた。
第2次日韓協約 さらに、日本は日露戦の最中の第1次についで、1905年11月第2次日韓協約によって韓国の保護国化を断行した。これによって大韓帝国は国家としての外交権を奪われた。

ハーグ密使事件

 1907年、第二回ハーグ万国平和会議がオランダの首都ハーグで開催された。万国平和会議は、ロシアのニコライ2世が主催した国際会議で、日露戦争の国際間の武力抗争の回避をめざす会議であり、高宗は国際世論に訴える好機と考え、会議に三人の政府高官を派遣した。特使は、ペテルブルクでニコライ2世に親書を提出した上でハーグに向かった。しかし平和会議委員は、韓国が日本の保護国下ので一国の代表とは認められないと出席を拒否した。結局、ロシア、アメリカ、イギリスも日本の朝鮮支配を認め、韓国特使の万国平和会議への参加は認められず、高宗の思い切った策は失敗に終わった。

譲位強制と民衆暴動

 高宗の特使派遣はオランダ駐在の都築大使から日本の外務省に直ちに報告され、朝鮮統監伊藤博文の許可無く特使を派遣したハーグ密使事件とされた。伊藤博文は7月3日、高宗に面会し、次のように恫喝した。
「かくの如き陰険なる手段を以て日本の保護権を拒否せんとするは、寧ろ日本に対して堂々宣戦を布告せらるるの捷径(しょうけい、近道)なるに若(し)かず。<『伊藤博文伝』下>
 伊藤博文は日本政府には、高宗に対し日本との協約違反であることから、「日本は韓国に対し宣戦の権利あるものなること」を総理大臣を通じて通告したと報告している。<山辺健太郎『日韓併合小史』1966 岩波新書 p.197>
 この圧力によって韓国政府内にも高宗の責任を追求する高官もいた。孤立した高宗がやむなく18日夜、譲位の意思を表明すると、その情報はただちに市中に知らされ、自強会、同友会、キリスト教青年会などが中心となって二千人がソウルの大通りに集まって譲位反対の気勢を上げた。群衆は夜を徹して韓国政府が日本に屈して譲位に合意したことに激しい抗議の声を上げた。19日夜、譲位が公表されると集まった群衆と日本警官が衝突、警官が重傷を負い、民衆側にも死者が出た。伊藤博文統監は暴徒鎮圧の命令を皇帝に出すよう要請、高宗はそれに屈して暴徒鎮圧を命令した。それを受けて朝鮮駐箚軍司令官長谷川大将は日本軍を出動させ、王宮を占領、ソウル市内にも巡察隊を送った。李完用首相以下の政府要人は民衆の襲撃を恐れて日本の保護下に入った。高宗は子の純宗に譲位、翌1907年7月20日、新帝純宗の即位式が強行された。重装備の日本軍が警備する中で行われた即位式には新旧両皇帝が出席しないという異様なものであった。
第3次日韓協約 伊藤博文はこの好機をとらえ、1907年7月24日、李完用首相らに対して第3次日韓協約を示し、直ちに閣議を開かせ、日本の示した原案を一字一句修正することなく可決させ、即位したばかりの若い皇帝純宗の承認を得て、成立した。日本が協約の原文を見せてから調印が終わるまで、たった一日の間であった。この第3次日韓協約で、大韓帝国は軍隊を解散させることになり、外交権に続いて軍事権も失った。<山辺健太郎『日韓併合小史』1966 岩波新書 p.200>

資料 韓国駐留日本軍司令官の報告

 日本政府の林外相に宛てた統監代理韓国駐箚軍司令官長谷川好道(大将)の明治40年9月3日付報告。
(引用)海牙(ヘーグ)平和会議に於ける韓国皇帝密使事件より延(ひい)で皇帝譲位の事あるや韓人の多くは日本の圧迫に出でたる大臣の奏請に依るものと為し、一般を通して甚(はなは)だ憤慨の念を抱きたるものの如く当時に於ける状況左のごとし。(中略) 群衆の韓人は…各所に路傍演説を試み激語を弄して既に軒昂せる群民の意気をして益々憤激せしめたり。殊に甚だしきもは最も慷慨の態度を以て曩(さき)に国母を失ひ今また将に国父を失はんとす。国民此の際に処して焉(いずくん)ぞ晏然たるを得んや。…宜しく国賊たる大臣を殺すべし、而して其の家を焼くべし、吾人同胞此の決心を以て王城前に集合すべしと演説する者あるに至れり。(下略)<『近代史史料』1988 吉川弘文館 p.360 原文カナ交じり文をひらがなに改めた>
同報告はこの他、韓国兵が巡査派出所に発砲したこと、暴徒は新聞社を襲撃し、総理大臣李完用邸を焼き打ちしたことなどを伝えている。同報告は高宗は日本に拉致されたといううわさもあったことも伝えており、韓国民衆にとって高宗の譲位は閔妃暗殺とならぶ衝撃だったことが窺える。

Episode 新旧の皇帝がいない即位式

 大韓帝国皇帝高宗は、ハーグ密使事件の責任をとって退位し、その地位を息子の純宗に譲った。この譲位式は、新旧帝とも参加しないという、世界にも例のないものだった。それ以後、高宗は危険人物だと言うことで、日本側によって軟禁状態に置かれ、1919年1月に急に亡くなった。朝鮮では日本が軟禁していた高宗を毒殺したといううわさが広がり、それが三・一運動の導火線になった。
 その息子の純宗は、1898年に宮廷内部から排除された親露派が、怨みをいだいて紅茶に毒を盛るという陰謀事件があり、そのため廃人同様になってしまっていた。そういう人間を国王にしてロボットにしようとしたのだった。<姜在彦『日本による朝鮮支配の40年』1992 朝日文庫 p.36-37>

その死と三・一独立運動

 その後、日本の韓国支配は、安重根による伊藤博文暗殺事件を機に最終段階に達し、1910年8月韓国併合が行われ、韓国は主権を完全に喪失した。日本統治下で、前皇帝高宗はその後も余生を送っていたが、1919年に急死した。これは、当時第一次世界大戦後の民族自決の動きに刺激された朝鮮の民族運動を事前に抑えるために、日本が毒殺したのではないか、という疑いが持ち上がり、それが同1919年3月1日三・一独立運動のきっかけとなった。

Episode 高宗の毒殺説

 高宗はハーグ密使事件で退位させられてから、実質的に軟禁状態に置かれていた。その子の李王垠が日本の陸軍幼年学校から士官学校を出て、梨本宮の娘方子(まさこ)と婚約した。1919年1月21日、その婚儀の4日前にして、高宗は側近を集めて酒を振る舞い、本人はお茶を飲んで寝に就いた。ところがその夜、急死してしまった。ちょうどそのころ、パリ講和会議が開かれており、高宗がかつてのハーグのように密使を派遣することを恐れた日本が、侍医を買収してお茶に毒を盛ったといううわさがたった。この噂が人々に広がると、日本の植民地支配への怨みの感情に火を付け、三・一運動が起こったといわれている。<姜在彦『日本による朝鮮支配の40年』1992 朝日文庫 p.36-37>
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

山辺健太郎
『日韓併合小史』
1966 岩波新書

姜在彦
『日本による朝鮮支配の40年』
1992 朝日文庫