印刷 | 通常画面に戻る |

黄埔軍官学校

1924年、中国国民党と中国共産党の国共合作(第1次)の一環として開設された軍の幹部養成学校。蔣介石を校長とし、周恩来なども在籍した。

 1924年6月に孫文の指導する中国国民党が設立した軍幹部を養成する学校。黄埔は広州から40キロの地点。孫文自らが学校の総理となり、校長にはソ連視察から帰国した蔣介石が任命された。国共合作(第1次)のもと、共産党員の周恩来が政治部主任となり、葉剣英らが教官として加わった。 その他、中国国民党からは胡漢民、汪兆銘が、中国共産党からも政治教育の教官を務め、ソ連の赤軍にならった訓練が施された。

蔣介石が校長に

 孫文は「ロシア革命が成功し、中国革命が依然失敗し続けているのは何故か?」と問い、その答えを「中国に革命軍がなかったからだ」と考え、国共合作がなり国民党を改組するにあたり、革命軍の組織化を掲げた。その目的で前年、蔣介石をソ連に視察に派遣した。蔣介石を校長に任命し、ソ連からの資金と武器援助を受け、黄埔軍官学校は2年足らずのうちに約2300名の国民革命軍の幹部を養成した。<野村浩一『蔣介石と毛沢東』アジアの肖像2岩波書店 1997 p.12>

ソ連の支援で開設

 黄埔軍官学校の設立には200万元の資金、8000丁に上る銃砲や大量の弾薬の許与など、ソ連の大きな援助があった。その他、多くの教官が派遣された。ソ連の支援は1924年以降本格化し、1926年までに5回に上った。<藤村久雄『孫文』1994 中公新書 p.121>
 後にはこの黄埔軍官学校卒業生を中心(戴笠ら)として、国民党蔣介石系の特務機関「藍衣社」がつくられ、陳果夫、陳立夫兄弟の「C・C団」とともに、国共内戦時代に共産党員に対する白色テロが行われる。<小島晋治・丸山松幸『中国近現代史』岩波新書 p.150>
印 刷
印刷画面へ