印刷 | 通常画面に戻る |

ノモンハン事件

1939年5月、モンゴル国境で起きた日本の関東軍とソ連軍の衝突。ノモンハン戦争とも言う。関東軍が大敗したとされ、日本は南進論に転換した。

 1939年5月、満州国と外モンゴルで起きた国境紛争で、日本軍とソ連軍が直接対決した衝突事件。日本軍(関東軍)はノモンハン地区の国境線の明確化を主張して軍事行動を開始、モンゴルを支援するソ連軍が迎え撃った。広大な草原での機甲部隊同士の対戦となり、双方に多大な犠牲が生じたが、関東軍は戦闘は不利な情勢であると判断して、9月に休戦協定を締結した。

ノモンハン戦争の勝敗

 ノモンハン事件、あるいはノモンハン戦争とも言われるこの日本軍とソ連軍の戦争は、日本では日本軍の大敗と認定され、それによって北進を断念した、とされてるのが一般的であった。戦後長く、この事件については日本側・ソ連側の史料が少なく、その規模や実態に判らない点が多かったが、ソ連末期の情報公開やソ連解体後の新資料の発見などによって少しずつ実態が明らかになっている。それによるとソ連側の被害も相当なものがあり日本軍を圧倒したとは言えなかったことがわかってきた。ただその事態を日本軍もつかめず、日本軍の損害も大きかったので、休戦交渉はソ連有利に進められたと言うことであった。
 日本軍の大敗というのは事実と違うかもしれないが、少なくとも関東軍も自軍の敗北であると認識し、その後の歴史が展開した、ということであろう。

第二次世界大戦へ

 ここまで日本はソ連を仮想敵国として対ソ開戦論(北進論)を選択の一つとしていたが、同年8月に独ソ不可侵条約が締結されたこともあって、それは消滅した。また陸軍はこの敗戦を教訓として、装備の機械化を進めた。ノモンハン停戦協定成立直前の9月1日、ドイツ軍がポーランドに侵攻して第二次世界大戦が始まった。

その後の日ソ関係

 日本軍はノモンハンでソ連に事実上敗北したため、目標を南進に転換した。ヨーロッパでドイツがイギリス・フランスと戦争を開始し、両国がアジア植民地支配に力を割けなくなったことを受け、日本軍は日中戦争の停滞の打開もめざして、インドシナ方面への進出を画策、翌40年9月に北部仏印進駐を強行すると共に、日独伊三国同盟を締結した。しかし、ドイツはフランスを征服したが、イギリスを制圧することに手間取り、その目標を東方に転換したため独ソ戦のおそれが迫ってくる状況となると、ソ連と日本は急接近し、41年4月、日ソ中立条約を締結する。ソ連との戦争回避に成功した日本軍は、ついに同41年12月、アメリカとの戦争に踏み切り太平洋戦争が勃発、アメリカが参戦し、日独伊の枢軸国に対して米英はイデオロギーの違いを超えてソ連と提携して連合国を形成し、世界は二陣営に分かれて全面戦争となった。ソ連はドイツとの死闘に多くの犠牲を払いながら、ヤルタ会談で連合国側に対日参戦を約束、ドイツ降伏後の1945年8月8日に中立条約を破棄して日本に宣戦布告し満州国に侵攻、多くの日本軍兵士、民間人が犠牲となった。
印 刷
印刷画面へ