印刷 | 通常画面に戻る |

アテネ民主政(デモクラシー)

古代ギリシアの典型的ポリスであるアテネでは、前6世紀末までに参政権をもつ市民が直接的に運用する民主政治が実現、ペルシア戦争後の前5世紀中頃のペリクレス時代に全盛期を迎えた。古代ギリシア民主政では女性の参政権はなく、生産は奴隷に依存していた。またアテネが海上帝国化していく過程で次第に衆愚政治に陥り、前5世紀末のペロポネソス戦争後は次第に衰退した。

 古代ギリシアの代表的なポリスであるアテネで典型的に発展した政治形態。現在の民主主義を意味するデモクラシーという言葉もこの時期の政治形態を表す言葉として使われた。

民主政の形成過程

 イオニア人シノイキスモス(集住)によって成立したアテネにおいては、他のポリスと同様、当初は王政であったが、ポリスの市民の中で、次第に貴族が王に代わってアルコンとして統治するという貴族政に移行していった。植民活動を積極的に起こったことにより貨幣経済が発展したことを背景にポリスの平民が台頭し、貴族と平民の抗争が激しくなっていった。
 前7世紀初めのドラコンの立法によって貴族の恣意的に運用された慣習法から、成文法によって平民の地位も守られるようになり、前6世紀の初めのソロンの改革によって平民の没落の防止などが図られ、民主政へ出発点となった。前6世紀中頃にはペイシストラトス僭主政が行われ、民主政は危機に陥ったが、クレイステネスが現れ、前508年に画期的な改革を実施してアテネの民主政は成立した。
 その後、前5世紀の前半のペルシア戦争で、市民軍である重装歩兵密集部隊が活躍、さらに下層民も三段櫂船の漕ぎ手として活躍して発言権を強め、戦後のペリクレスの時代にポリス民主政は最盛期を迎える。この民主政が成立し、存続した前6世紀末から前4世紀末までの約200年間を、ギリシア美術史では「古典期」といっている。(それ以前の前8世紀からのポリス成立期は、「前古典期」または「アルカイック期」という。)

参考 アリストテレスの『アテナイ人の国制』

 アテネの民主政が行われていた時期の最末期にあたる前4世紀後半、アリストテレスはその著『アテナイ人の国制』(前329~前322年ごろ書かれた)でアテネ(アテナイ)の国政には11回の変化があったと記している。現在の私たちの理解と異なる点や、評価の違いがあるが参考のために挙げておこう。
  1. 原始状態の最初の変革はイオンとその仲間が一緒に定住したときで、この時はじめて四つの部族に分かれ、部族長を定めた。(イオンはアポロンを父祖とし始めてアッティカに住んだ。アテナイ人ははじめは王政であった)
  2. 第二の変革は国政の形式をもつもので、テセウスの時行われ、王政からいくらか遠ざかった。次のドラコンの時、はじめて法律が起草された。
  3. 国内の抗争の後、ソロンの時に行われ民主政治の出発点となった。
  4. ペイシストラトスの時に僭主政が行われた。
  5. 僭主が倒れた後のクレイステネスによる変革で、ソロンのそれよりさらに民主的であった。
  6. ペルシア戦争の後、アレイオ・パゴスの会議が変革を指導した。
  7. アリスティデスが案を立てエピアルテスがアレイオ・パゴスの会議を倒して完成させた。この時、国家は海上支配のため扇動政治家により大きな過失を犯した。(アリストテレスはペリクレスの名を挙げていない事に注意)
  8. 四百人の国政。(ペロポネソス戦争末期の前411年に出現した四百人の寡頭政権)
  9. 民主政治にもどる。
  10. 三十人と十人委員との僭主政治。(前404~403年の三十人僭主政。スパルタの傀儡政権によって多数の民主派が殺害された)
  11. ピュレおよびペイライエウスからの帰還の後から現在の制度まで。大衆の権能を不断に増大せしめて来た。
<アリストテレス/村川堅太郎訳『アテナイ人の国制』岩波文庫 p.73>

ポリス民主政の特徴と本質

 アテネの民主政は徹底した直接民主政であり、民会民衆裁判所における多数決による決定、公職者(役人)の抽選制や公職者に対する弾劾裁判などによって市民の権利と義務の平等化を図り、独裁政治の出現を予防するシステムは民主主義の理想的な形態である。しかし、そこでいう「市民」とは成年男子のみであり、女性、メトイコイ(在留外人)には参政権が認められず、奴隷制度も存在した。すべての人間の人格の平等や、基本的人権という理念はなかった。それはポリス民主政が、重装歩兵としてポリスの防衛に加わることができる戦士の共同体として始まったという由来によるものであろう。戦争形態の変化や経済の発展で「市民」範疇は拡大していったが、それが限定的であることは変わらなかった。このことを単純に現代の民主主義と比較して評価することは意味のないことであり、一方でポリス民主政を完全なものとして称賛するの誤りである。しかし専制君主政や貴族政ではない、「民主政治というスタイルをギリシア人が最初に発見し、意識化し、制度化したことの世界史的意義」は大きい。<橋場弦『丘のうえの民主政』-古代アテネの実験 1997 東大出版会(2016 『民主主義の源流』と改題して講談社学術文庫から再刊)などを参照> → ローマの共和政

18歳以上の男子のみが市民権を持つ。

 古代アテネにおける市民権は成年男子市民、つまり18歳以上の男子にのみ付与された。前451年には、ペリクレス市民権法によって、両親ともアテネ人であること(母親の父がアテネ市民であること)が加えられた。古典期ギリシアにおける女性は、総じて政治的権利は認められず、社会的にも不遇だったといえる。

直接民主政

 国家の重要決定に、国民(有権者)のすべてが参画する政治形態で、理想的な民主政治の形態であるが、国家の規模によって実施は難しく、ほとんどが代議制を取っている。古代ギリシアのアテネでは重要決定は市民全員参加の権利がある民会において多数決によって決定され、直接民主政が行われていたといえる。現代ではスイスの州(カントン)では直接民主政が行われている。また議会ではなく、国民投票という方式で直接国民の意志を問う方式をとる国もある。

公職の抽選制と日当制

 アテネの民主政では、アルコン以下の公職の抽選制がとられていたこと、また公職には日当が支給されたことも大きな特徴である。これも、公務員のプロフェッショナル化を防止し、貧者にも公職に就く権利と義務を与えたポリス民主政の原則として注目される。  アリストテレス『アテナイ人の国制』では次のように説明されている。
  抽籤で選ばれる役人は以前は一部は、九人のアルコンをも含めて各部族の全体から抽籤され、一部の現在テセイオン(アゴラの東部にあったテセウス神殿)で抽籤されるものは区(デーモス)に割り当てられていた。・・・だたし評議員と守備兵とは別でこれは区に委ねてある。<アリストテレス/村川堅太郎訳『アテナイ人の国制』岩波文庫 p.103>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 キ.ペルシア戦争とアテネ民主政
書籍案内

太田秀通
『スパルタとアテネ』
1970 岩波新書

橋場弦
『民主主義の源流
―古代アテネの実験』
2016 講談社学術文庫
旧題『丘のうえの民主政』
1997 東大出版会

アリストテレス
/村川堅太郎訳
『アテナイ人の国政』
1980 岩波文庫

眞淳平
『人類の歴史を変えた8つのできごとⅡ』
民主主義・報道機関・産業革命・原子爆弾編
2012 岩波ジュニア新書