印刷 | 通常画面に戻る |

中国の南北朝時代の南朝の3つめの王朝(502~557)。武帝のもとで仏教文化が栄える。

 502年、斉の皇帝の一族であった蕭衍(しょうえん)が、斉に代わって梁王朝をひらいた。この梁の武帝の統治は約50年に及び、南朝でもっとも栄えた時代と言われる。皇太子の昭明太子は文人としても有名で文選を編纂した人物だが早世した。

武帝の仏教保護

 また梁の武帝は仏教をあつく信仰し、その保護のもとで都の建康には多くの寺院が建造された。また建康の商業はさらに繁栄したため、貨幣が不足し、武帝は銅銭に代わって鉄銭を発行した。しかし、548年に始まる北朝からの降将の侯景が起こした反乱(侯景の乱)で建康は荒廃し、557年、部将の陳覇先に帝位を奪われ、に交代する。
印 刷
印刷画面へ