印刷 | 通常画面に戻る |

無制限潜水艦作戦

第一次世界大戦でイギリスの海上封鎖に対抗したドイツ海軍の作戦。ルシタニア号事件を受けて一旦停止したが、1917年2月に再開、それを受けてアメリカが参戦した。

 第一次世界大戦のさなか、1915年2月から、ドイツ海軍はイギリス海軍による海上封鎖に対抗し、潜水艦Uボート)による無制限潜水艦攻撃を宣言した。ねらいは、制海権をイギリスに握られている中、イギリスが輸入に依存している食糧の小麦を商船ごと沈めることで打撃を与えようというものであった。それまでは警告してから攻撃していたが、今後は無警告で攻撃するとした。これについてはさすがのヴィルヘルム2世やベートマン=ホルヴェーク首相も国際世論の反発を予想して反対したが、軍のヒンデンブルクとルーデンドルフは地上戦が停滞する中での戦略として強行した。作戦としては功を奏し、イギリス商船で撃沈されるものが急増し、イギリスは食糧難の危機となった。

ルシタニア号事件とアメリカの参戦

 商船に対する無差別攻撃は当然第三国人に被害を及ぼす。5月にはアイルランド南岸でイギリスの豪華客船ルシタニア号がUボートに撃沈され、アメリカ人の乗客に犠牲が出たことから、アメリカ国内の反ドイツ感情が強まった。ドイツはアメリカの参戦を恐れて、いったん無制限攻撃を停止したが、戦局の手詰まりを打開するために、1917年2月からそれを再開した。それを受けて1917年4月6日、アメリカの第一次世界大戦参戦しドイツに宣戦を布告した。
 また、イギリスは、首相ロイド=ジョージが、護送船団方式(商船に船団を組ませ、駆逐艦などで護衛する)を採用して対抗した。それによって商船の被害は激減し、無制限潜水艦作戦は後半にはほとんど効果が出なくなった。
印 刷
印刷画面へ