印刷 | 通常画面に戻る |

黒人差別

アメリカでは1863年の奴隷解放宣言以後も、主として南部で黒人に対するさまざまな差別が続いた。黒人の中からも差別反対の運動が起こり、戦後の1950~60年代には公民権運動が盛んになった。

 アメリカ合衆国では、南北戦争の最中に、リンカンによって1863年1月1日に奴隷解放宣言が出され、黒人奴隷制の廃止が実現した。続いて1865年の憲法修正第13条で憲法上、奴隷制度を廃止し、1868年の憲法修正第14条で黒人にも市民権が付与され、さらに1870年には憲法修正第15条で黒人投票権が付与された。南部諸州もこれらの憲法修正を批准して、合衆国に復帰し、アメリカにおける黒人奴隷制は法的に全廃された。
奴隷制度の廃止後も黒人差別は続いた 黒人奴隷制度の廃止は黒人差別が無くなることを意味してはいなかった。奴隷制度は否定され、黒人は人格と自由を勝ち取ったものの、経済的な自立ができる状態ではなく、貧困が続いた。それは白人との真の平等への障害となっていた。また、南北戦争の戦後、アメリカ合衆国に南部諸州が復帰し、駐屯していた連邦軍が北部に引き揚げると、黒人に対する露骨な差別感情が復活し、それは州議会で州法という形でさまざまな差別が合法化されていった。そのもとで、「奴隷解放宣言」後も差別され続けた黒人たちは、19世紀末から20世紀前半にはジム=クロウという蔑称で呼ばれるようになった。

巧妙な選挙権の剥奪

 まず、黒人投票権の剥奪は、1890年から20世紀初頭にかけて、ミシシッピ州に始まり、南部諸州に広まった。そのやりかたは、憲法修正第15条に抵触しないように、州憲法の中に「人頭税」や「読み書き試験」を取り入れることによって行なわれた。すなわち、有権者登録をする者は誰でも選挙係官に人頭税納入の受取りを見せ、また指示された州憲法や州法などの一節を読解しなければならなかった。これは「ミシシッピ・プラン」と呼ばれるものであるが、その他の南部諸州も、これに類似した方法で黒人選挙権の剥奪を行なった。人頭税や読み書き試験は黒人だけを対象にしたものではないが、当時の黒人の状態を考えれば、それが巧妙な黒人選挙権の剥奪方法であることはすぐわかる。

黒人に対するリンチ

 一方で黒人に対する凄惨なリンチが行われるようになった。これら一連の黒人差別に根拠をあたえる法律は黒人取締法であり、それによって黒人分離策がすすめられ、またKKKなどの人種主義者による公然としたリンチなどの虐待が行われた。

公民権運動の盛り上がり

 第2次世界大戦後の1950年代から60年代に黒人公民権運動が始まり、1964年に公民権法が成立し、法的な不平等は解消され、黒人などの非白人に対する優遇措置であるアファーマティヴ・アクションなどもじっしされるようになったが、都市における貧困の問題は解決されず、暴力的な活動で抗議を繰り返すブラックパワーが出現し、その後も黒人に対する人種差別問題はアメリカ合衆国の深刻な課題となっている。

Episode 「奇妙な果実」

 エピソードとしては深刻な話だが、当時の黒人へのリンチでは、殺された黒人の死体が木につり下げられ、奇妙な果実(strange fruit)と言われた。「‥‥信じられないことだが、黒人に対するリンチがあらかじめ予告され、女性や子供まで見て楽しむために集まり、木に吊された「奇妙な果実」から心臓や肝臓の薄切りをみやげに持ち帰ったという。」<猿谷要『物語アメリカ史』p.116-118 1999>
 ジャズ歌手のビリー・ホリディが1939年に歌った「奇妙な果実」は、その情景を抑制のきいた声で淡々と歌っている(CD『奇妙な果実』-ビリー・ホリディの伝説-で聞くことができる)。彼女の感動的な自伝も『奇妙な果実』というタイトルだった。
 → ビリー・ホリディ“奇妙な果実”(ユーチューブより)

BLM運動

2020年5月、ミネアポリスで白人警官による暴行で黒人が殺害される事件が起き、それをきっかけに各地で黒人の抗議行動、歴史的記念物の破壊などがひろがった。黒人の中からは、”Black Lives Matter”の声が起こり、それが運動の標語になった。この運動は幅広く人種差別反対の動きを強め、11月の大統領選挙で人種間の融和、差別反対を掲げた共和党バイデンが、現職のトランプ大統領に勝った背景となった。

NewS ミネアポリス事件

 2020年5月25日、北部のミネソタ州ミネアポリスで、白人警察官が麻薬使用容疑者の黒人を拘束、膝で容疑者の首を押さえつけるという過剰な制御を行ったため、容疑者が死亡するという事件が起こった。アメリカ中で黒人にたいする人種差別によるものだ、という抗議デモが一部で暴徒化した。トランプ大統領は一時アメリカ軍の出動も示唆したため、かえって抗議行動は激化し、大問題に発展した。

NewS 人種差別の歴史を告発

 抗議行動は世界各地に広がり、イギリスのブリストルでは黒人奴隷貿易で富を築いた奴隷商人の銅像が引き倒された。
 そのさなか、アメリカではバージニア州のノーサム州知事が4日、「いまや人身売買を肯定するようなことはできない」として、州都リッチモンド(南北戦争で南部=アメリカ連合国の首都だった)にある南北戦争の南軍司令官だったリー将軍銅像を撤去すると表明した。市民団体が長年、銅像は奴隷制や黒人差別の象徴だとして撤去を求めていた。一方で保守団体は「文化遺産の破壊だ」として反発している。<朝日新聞 2020/6/8 夕刊>

銅像引き倒しの連鎖

 6月~7月、アメリカとヨーロッパで、黒人差別の歴史に対する見直しの動きは、黒人奴隷制度と植民地支配に対する告発に及んだ。各地で、黒人奴隷貿易や植民地獲得での“功績”を讃えられて建造された記念碑や銅像が次々と引き倒されたり、破壊されている。
 アメリカでは南部のリッチモンドでのリー将軍像に続いて、南部のアメリカ連合国大統領ジェファソン=デヴィス像も標的とされた。南部旗の掲揚も禁止され始めているようだ。さらに、インディアン強制移住を実行したジャクソンも批判の対象に晒されている。意外な感じがしないでもないが、第一次世界大戦時のウィルソン大統領も人種差別主義者として糾弾された。その行き着くところは、アメリカ新大陸の発見者コロンブスのインディオに対する征服から諸悪が始まった、という認識になり、アメリカ各地のコロンブス像はいま逆風に晒されている。
アメリカ独立運動での銅像引き倒し事件 トランプ大統領は、これらの“偉人”像にたいする破壊行為は文明と歴史の否定であるとして厳しく取り締まる、と表明している。銅像引き倒しは歴史の否定だといって怒っているわけだが、実はアメリカが独立するときには植民地人も、イギリスの植民地支配に対して同じような抗議行動をしている。1765年、イギリスが印紙法を定めたことに抗議した植民地人の独立急進派は「自由の息子たち」という団体を作って抗議行動を展開したが、ニューヨークでは彼らはイギリス国王ジョージ3世の銅像を引き倒している。
 歴史は繰り返すというわけだが、ほかにもついこの前、ソ連が崩壊したときのスターリンやレーニン、チャウシェスクやイラクのフセインなどの独裁者の銅像が倒されたことなどたくさんある。如何に独立の英雄や革命の指導者であったり、軍人や政治家として功績があったとしても、顕彰すると称してバカでかい銅像を作るなんていうことは愚行であることがよくわかります。

Black Lives Matter 運動

 アメリカでは2013年ごろから、白人警官によるアフリカ系アメリカ人(黒人)に対する、暴力的な行為が度々起こっていた。そのような無抵抗の黒人に対する白人警官の過剰な暴力行為や、白人による差別的な行動、言動に対して、人種の平等をかかげ、人種主義(レイシズム)に反対する運動が、アメリカ各地の黒人コミュニティーで、自然発生的に始まっていた。その中の何人かが、運動の標語として使い始めたのが Black Lives Matter(略してBLM)ということばだった。「黒人の命は大切」という意味だが、日本でもそのままブラック・ライヴズ・マターで通っているようだ。2020年5月25日、ミネアポリスでのジョージ=フロイド事件を機に、人種差別に対する抗議活動が黒人だけではなく、世界中に拡がった。スポーツ界では、全米女子オープンテニスで大坂なおみ選手が試合ごとに殺害された黒人の名前を書いた黒いマスクをして登場し、見事に優勝したのが印象深かった。
 ただし、Black Lives Matter というのは、一つの組織や運動体ではなく、黒人による幅広い人種差別に対する抗議活動そのものをいう。世界中がコロナ禍で苦しむ中で、トランプ政権下のアメリカで白人優越主義や不寛容が拡がったことへの、根元的な(ラディカルな)抗議行動とみるべきであろう。
 この運動が世界に拡がる中で、これまで「世界史上」の英雄あるいは偉人、重要人物とされてきた人々が、今に至る黒人差別の元凶なのではないか、という歴史の見直しが行われた。それらは記念物の破壊といういささか乱暴な方法だけが目立ったが、単に悲しむだけでなく歴史を考える良い機会となったともいえる。
 IDEAS FOR Good "Black Lives Matterとは?"
 National Geographic Gallerey 世界で相次ぐ「英雄」の銅像撤去

TopicS 6月19日「奴隷解放の日」をアメリカの休日に

 南北戦争中の1863年1月1日に、リンカン大統領によって奴隷解放宣言が出された。1965年4月に南北戦争が終わるとその2ヶ月後、北軍の将軍が南部テキサスに入り、1865年6月19日に最後の黒人奴隷を解放した。実際の奴隷解放が実現したこの日は、その後、黒人社会の中では奴隷解放の日として祝われてきた。
 6月19日はのは「ジューンティーンス」とよばれ、定着していたが、2021年6月、アメリカの連邦下院・上院で「奴隷解放の日」として連邦政府の法定休日とすることを賛成多数で可決し、6月19日、バイデン大統領が署名して正式に決まった。これは2020年5月のミネソタ州での白人警官による黒人殺害事件から端を発したBLM(Black Lives Matter)運動の盛り上がりをうけてのことである。  → BBC News 2021/6/18
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

上杉忍
『アメリカ黒人の歴史』
奴隷貿易~オバマ大統領まで
2013 中公新書
本田創造『アメリカ黒人の歴史(新版)』(1991岩波新書)を継承して黒人問題を概観、現代まで含む基本図書。

山田史郎
『アメリカ史のなかの人種』
世界史リブレット91
2006 山川出版社
現代アメリカの人種問題を黒人のトピックを中心に手際よくまとめている。

ビリー=ホリディ
/由井正一・大橋巨泉訳
『奇妙な果実』
晶文社クラシックス
CD案内

ビリー=ホリディ(Vo)
『奇妙な果実』
1939-40
amazon prim video

R・マリガン監督
『アラバマ物語』
1963 アメリカ映画
大恐慌時代のアラバマでのある裁判。黒人を弁護する白人弁護士の苦悩を子どもの目を遠して描く。グレゴリー・ペックがアカデミー賞を受賞したアメリカ映画の佳作。

P・フレアリー監督
『グリーンブック』
2018 アメリカ映画
黒人ピアニスト、シャーリーの演奏旅行につきあうことになった、がさつなイタリア系運転手トニー。二人はうまくいくのか?1962年という時でも根強かった人種差別の現実が淡々と描かれている。