印刷 | 通常画面に戻る |

スターリン

グルジア出身の古参ボリシェヴィキ。レーニンから権力を継承し、1922年、ソ連共産党書記長となる。1924~1953年、ソ連の独裁的権力を握る。一国社会主義の立場を取り、五カ年計画を推進して工業・農業の集団化を進め、トロツキーなど反対派を次々と排除、粛清し個人崇拝を強める。1938年には宥和政策をとる英仏に反発してナチス=ドイツと不可侵条約を締結、第二次大戦勃発とともにポーランド、フィンランドに侵攻。しかし、1941年6月、独ソ戦に突入、大祖国戦争といわれる多大の戦死者を出すも、スターリングラードの戦いを守り抜いてから反攻に転じた。イギリスのチャーチル・アメリカのF=ローズヴェルトとも会談を重ね連合国の一翼として戦い、45年5月、ドイツ降伏に追いこむ。大戦中も権力集中を強め、戦後はアメリカとの東西冷戦を主導し、東側諸国を統制した。アジアでは国共内戦での中国共産党、朝鮮戦争での朝鮮労働党の支援を通じ、社会主義の浸透に勤めた。1953年に死去、1956年にはフルシチョフ第一書記によるスターリン批判が行われた。




スターリン
Stalin 1879-1953
 20世紀のロシアで、ロシア革命(第2次)を押し進めたロシア共産党を率い、第二次世界大戦では連合国の指導者の一角を占め、戦後の東西冷戦ではきびしくアメリカと対立したソ連邦の独裁的権力者。1879~1953。スターリンは筆名で本名はジュカシヴィリ。カフカス地方ジョージアのゴリで生まれ。社会主義運動に参加し1902年以降、流刑・脱獄を繰り返す。1912年からボリシェヴィキに加わり、機関誌『プラウダ』の編集に当たる。革命後は人民委員会議(ソヴィエト政権の内閣に当たる)で民族人民委員となり、レーニンの片腕として次第に地歩を築いていった。

(1)スターリンの権力掌握


「奇跡のジョージア人」 スターリンは本名をヨシフ=ヴィサリオノヴィチ=ジュガシヴィリ、1879年12月21日、ジョージア(かつては日本ではグルジアといわれた)のゴリと言う小さな町の貧しい靴直し職人の子として生まれた。母の希望で10歳で神学校に入り将来は聖職者になるはずであったが、豊かな言語の才能に恵まれ、母語であるジョージア語の他にロシア語も話せるようになり、あらゆる本を読むようになった。その中で他民族の支配を受け続けるジョージア人の苦難の歴史を知り、民族主義者となり、ツァーリズムにも批判的な言動をするようになったため神学校を追放された。都会に出て労働運動にかかわるようになってからレーニンの著作を読んで感銘を受け職業的な社会革命家になる道を選んだ。ストライキを指導して地下活動で頭角を現し、その活動を知ったレーニンは「奇跡のジョージア人」と呼んだという。その間、何度も官憲に捕らえられシベリア流刑になったが、何度も脱走に成功している。
「鋼鉄の男」 コーカサス地方のボリシェヴィキ責任者となった彼は、フィンランドで開催されたボリシェヴィキの会議に出席して初めてレーニンに会い、その行動力を認めたレーニンは彼を「鋼鉄の男」を意味するスターリンというあだ名で呼んだ。その名の通り、その後のスターリンはレーニンとボリシェヴィキの資金の獲得などの裏の危険な仕事をこなすようになり、故郷ジョージアでは銀行強盗を働いて大金を奪取することに成功した。さらに麻薬売人と手を組んで売春宿を経営したり、かなりきわどいことをしている。彼はそれらを革命のため、と正当化したが、さすがにレーニンから諫められて非合法の資金集めからは手を引いた。このような危険を顧みない行動力だけでなく、語学や文才もあり、演説でも人を惹きつけ、次第にボリシェヴィキの中枢をしめるのようになったのだった。<B.ハットン/木村浩訳『スターリン その秘められた生涯』1989 講談社学術文庫 p.13-61>

ボリシェヴィキ革命

 その後も逮捕されてシベリア流刑となり、流刑地で第一次世界大戦の勃発、そしてロシア二月革命(三月革命)を迎える。ニコライ3世が退位、臨時政府が成立して恩赦によってペテルブルクに戻り、大歓迎を受けた。遅れて亡命先から封印列車でペテルブルクに戻ったレーニンは、ただちに戦争を内乱に!と呼びかけ、臨時政府を倒す武装蜂起の準備に着手、スターリンとトロツキーの二人が動き回り、遂に十月革命(十一月革命)を成功させ、スターリンは民族人民委員、トロツキーは外務人民委員を分担することとなった。

トロツキーとの対立

 スターリンは、1922年にロシア共産党書記長となった。1924年のレーニンの死後、共産党の主導権をめぐってトロツキーとはげしく対立するようになる。
 両者の対立は主導権争いという面が強いが、次第に革命理念でも違いを際立たせていった。スターリンは一国社会主義論を党の公式見解にすることに成功し、世界革命論をとるトロツキーを次第に追い詰めていった。トロツキー排除の段階ではジノヴィエフ、ブハーリンとともに三者の協力体制をとっていたが、トロツキー排除後は、この二人も次々と排除し、その他の古参のボリシェヴィキをも退けて、て1929年までには党権力を握り、スターリン政権をつくりあげた。

(2)スターリン体制

1929~53年のスターリンが独裁権力を持った時期のソ連の体制。1929年スターリンの権力確立から、第二次世界大戦をはさんで、1953年のその死去までの24年にわたる時期。ソ連にとってナチスドイツとの大祖国戦争という最大の試練と戦後のアメリカとの冷戦という困難が続いた時期でもあったが、スターリンの独裁が行われ、個人崇拝が横行し、反対派に対する厳しい粛清による多くの犠牲者が出て自由と民主主義が失われ、ソ連型社会主義が大きく転換した時期であった。

 ソヴィエト社会主義共和国連邦の歴史で、レーニンに指導された新経済政策(NEP)の時期の次に位置し、1929年スターリンの権力確立から、第二次世界大戦をはさんで、1953年のその死去までの24年にわたり独裁が行われた時期に当たる。

スターリン体制の成立

 1917年の十月革命(十一月革命)で成立したロシアのソヴィエト政権は、1922年にソヴィエト社会主義共和国連邦(ソ連邦/ソ連)を成立させ、世界最初の社会主義国家の建設を開始した。同時に、資本主義諸国による革命への干渉が続き、国内の反革命運動、農村の生産性の低さ、多民族の統合強行に対する民族的反発など、多くの課題に直面した。1924年、レーニンの死によってソ連共産党一国社会主義論路線への転換を主張するスターリンと、世界革命論(永続革命論)を主張するトロツキーとの深刻な内部対立が生じ、危機が続いた。この対立はスターリンが優位に立ち、トロツキー派の排除に成功し、1929年までにはほぼ権力を掌握した。

第1次~第2次五ヶ年計画

 スターリンは、1929年にスターリン政権を樹立し、同年からの第1次五カ年計画、つづく第2次五カ年計画の10年間を通して、社会主義国家の建設を目指して工業化とコルホーズソフホーズによる農業集団化を推し進めた。この間、特に1930年代は政治的な対立者や、独裁体制に批判的な人々を厳しく処罰し、粛清が行われ、スターリンに対する個人崇拝が強まった。1936年制定のスターリン憲法では、ソ連の社会主義の建設は完了したと認定され、ソ連共産党という「党の支配する国家」が完成し、党の指導者スターリン支配が揺るがないものとなった。

世界恐慌とファシズムの台頭

 1929年、資本主義世界では世界恐慌が起き、ドイツ・イタリア・日本などのファシズム国家が台頭、一方の先進的な帝国主義諸国はブロック経済を形成し自国の利益を守ろうとした。ニューディール政策で国内市場の再建に向かいつつあったアメリカが提携してファシズムと対決する情勢となった。スターリンは、ドイツ、イタリアにファシズムが台頭すると、1935年にはコミンテルン第7回大会で方針を「反ファシズム統一戦線」路線に変更し、イギリス・フランスとも接近を図ろうととした。

独ソ不可侵条約

 ナチス=ドイツの侵略はオーストリア併合、さらにズデーテン地方の併合要求と強まっていったが、イギリスなどの帝国主義諸国はスターリンのソ連を敵視していたので、ナチス・ドイツに対して宥和政策を採り、1938年9月、イギリス首相ネヴィル=チェンバレンミュンヘン会談で、ドイツのズデーテン併合を容認するという宥和政策をとった。スターリンは英米に不信感を強めてヒトラーと接近、1939年8月に独ソ不可侵条約を締結し、世界を驚かすこととなった。
 アジア方面では満州からモンゴルに進出した日本軍との間で1939年5月にノモンハン事件で衝突し、大規模な機械化戦を戦い、9月に有利なまま休戦協定を結んだ。この後日本軍は北進をやめ、東南アジア・太平洋方面への南進に転じた。

(3)第二次世界大戦と戦後のスターリン

第二次世界大戦の勃発

 1939年9月、ヒトラーのドイツ軍がポーランドに侵攻して第二次世界大戦に突入すると、ソ連のスターリンは独ソ不可侵条約でのドイツとの密約に基づき、ソ連軍をポーランドに侵攻させ、その東半分を獲得した。さらにソ連-フィンランド戦争を起こし(そのため国際連盟から除名される)、さらにバルト三国を併合するという領土拡張を行った。

独ソ戦・太平洋戦争の開始

 勢力拡大を東方に転じたヒトラーが1941年6月、突如、独ソ不可侵条約を破ってソ連に侵攻、両国の全面的な独ソ戦が開始され、第二次世界大戦は大きく展開し、スターリンはイギリス、アメリカとの提携に踏み切った。また、ノモンハンでの敗戦後、南進に舵を切った日本軍がインドシナ半島に進出したため米英との関係が悪化、日本は日独伊三国同盟を締結するとともにソ連に接近して同年4月日ソ中立条約を締結した。スターリンは独ソ戦が近いとみて、アジアでの戦争を避ける意図があった。日本軍はその上で、12月、真珠湾を奇襲して太平洋戦争に突入した。

米英首脳との共同歩調

 ドイツを共通の敵とすることとなったスターリン、イギリスのチャーチル、アメリカのフランクリン=ローズヴェルトの三首脳は一転して協調することとなり、スターリンは1941年8月のチャーチルとF=ローズヴェルトの大西洋憲章の支持を表明、1942年1月には連合国共同宣言に加わり、連合国軍の一員として第二次世界大戦を戦うこととなった。さらに1943年のカイロ会談以後、戦争の遂行と戦後世界のあり方について、会談を重ねる。スターリンは英米に対し第二戦線(連合国がドイツの西側で攻勢をかけること)を要求し、英米はスターリンに対日参戦を要求した。また戦後構想では国際連合の設立に同意し、三者の合意によって戦後の枠組みができあがった。この間、ソ連はスターリングラードの戦いなどでの激戦でドイツの攻勢を凌ぎ、形勢を逆転させて東ヨーロッパ諸国を次々と解放し、勢力を扶植していった。
 1943年末のテヘラン会談では第2戦線での協力の同意とともにスターリンは対日戦争への参戦を約束した。さらに1945年2月のヤルタ会談で、スターリンはドイツ軍降伏後3ヶ月以内の対日参戦を約束、見返りという形で南樺太・千島列島の領有を米英に合意させた。

冷戦とスターリン体制

 1945年4月、サンフランシスコ会議に参加して国際連合憲章に基づく国際連合設立に加わり、安全保障理事会の常任理事国となった。 → 第二次世界大戦後のソ連
 ナチス=ドイツが降伏し第二次世界大戦が終結すると、スターリンのソ連はドイツ分割に加わり、東ドイツを管理して社会主義政権を樹立させたが、ベルリン分割も含めて、ドイツ問題は米英とソ連の対立を表面化させ、一挙にアメリカ合衆国を中心とする資本主義陣営とソ連を中心とする社会主義・共産主義陣営の東西対立という冷たい戦争(東西冷戦)に突入した。
 アジアにいては1945年8月8日、日ソ中立条約の延長を拒否したうえで満州に侵攻して占領、さらに樺太・千島列島も支配下においた。中国では国共内戦が再開されていたので、スターリンは毛沢東の中国共産党を支援し、さらに朝鮮では金日成の労働党を支援して朝鮮民主主義人民共和国を樹立させ、朝鮮戦争でもその後ろ盾となった。
 スターリンはその後も強大な独裁権力を握って米英との対決姿勢をつづけ、また東欧諸国に対する統制を強め、しかしスターリン独裁体制は次第に硬直化し、ユーゴスラヴィアの離反などを招き、国内の自由化を求める声も強くなってきた。

用語リストへ 15章4節15章5節

 ◀Prev Next▶ 


(4)スターリンの死去

1953年3月、ソ連共産党で権力を振るっていた独裁者スターリンが死去した。ソ連は集団指導体制を敷いたが政治的対立が続き、権力をにぎったフルシチョフによって1956年にスターリン批判が行われる。

スターリンの遺骸
花に埋まったスターリンの遺骸
 スターリンは1953年3月5日に死去、翌6日朝、スターリンが前夜に脳溢血で死んだことがラジオで発表された。73歳であった。後継の首相にはマレンコフが就任、共産党第一書記にはフルシチョフが選ばれたが、スターリン体制の下で実権をふるっていた秘密警察の長官ベリヤは7月に逮捕され、その後処刑された。ベリヤを倒したのは共産党を押さえたフルシチョフであった。ソ連共産党は集団指導体制を敷いていたが、1955年、マレンコフは失脚し、ブルガーニンが首相となった。

Episode 隠されたスターリンの病気

 不死身の印象を与えていたスターリンであったが、実は大戦直後の1945年10月、発作を起こして倒れていた。実務はモロトフ外相が預かった。この時の発作はたいしたことはなかったがモロトフが後継者に選ばれるという噂が流れた。かえってスターリンとモロトフの関係が悪化し、モロトフは次第にはずされていく。
(引用)45年に倒れたスターリンは、それ以降毎年、夏から平均5ヶ月も休暇をとった。クレムリンで執務するのは夜中の数時間のみ、訪問者に会うこともまれになり、郊外の別荘で取り巻きに囲まれて暮らした。極端な秘密主義がスターリンを取り巻き、最高幹部ですら情報が限られた。他の政治局員との関係は家父長そのものだった。<下斗米伸夫『ソ連=党が所有した国家』2002 講談社選書メチエ p.138>

スターリン体制の転換

 1953年にスターリンが死去したが、ソ連首脳部は当面は集団指導体制のもとでスターリン体制は継承された。1955年には西側で西ドイツが再軍備して北大西洋条約機構(NATO)に加わると、ソ連は東欧社会主義圏の諸国との間で軍事同盟であるワルシャワ条約機構を結成し、それに対抗した。一方で、アメリカ及び西側との決定的な対立を避ける気運も生まれ、1955年には戦後初の米ソ英仏四国首脳会談であるジュネーヴ4巨頭会談にブルガーニンとフルシチョフが参加した。
 しかし、ソ連の最高権力は党第一書記フルシチョフが獲得していった。実権を掌握したフルシチョフは、1956年にスターリン批判に踏み切った。その背景には、冷戦構造が固定化され、米ソとも核武装、ミサイル開発などの競争を続けることが、ともに財政に大きな負担となっていることがあげられる。
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

菊地昌典
『増補歴史としてのスターリン時代』
1972年 筑摩書房

下斗米伸夫
『ソ連=党が所有した国家』
2002 講談社選書メチエ

B.ハットン/木村浩訳
『スターリン
その秘められた生涯』
1989 講談社学術文庫

横手慎二
『スターリン
「非道の独裁者」の素顔』
2014 中公新書