印刷 | 通常画面に戻る |

宣統帝/溥儀

宣統帝は清朝最後の皇帝。名前は溥儀。辛亥革命により1912年に退位。しばらく紫禁城に幽閉された後に、1932年、日本の関東軍が満州国を建国した際に執政として迎えられ、34年に皇帝となる。満州国砲火によってソ連に抑留された後、中国で戦犯とされた。

 清朝の最後の皇帝(中国)、宣統帝としては在位1908~1912年。清朝の皇帝の家系を継承し姓は愛新覚羅(あいしんかくら。満州語ではアイシンギョロ)で、名は溥儀(ふぎ)といった。光緒帝の弟の醇親王載灃(さいほう)の長男。

清朝最後の皇帝

 清の動揺が進む中、1908年、父帝と西太后が相次いでなくなり、わずか2歳で即位した。父の載灃が摂政として実際の政治を取り仕切った。しかし、清朝政府は義和団事件、日清戦争の賠償金支払いによる財政危機が続いており、さらに日露戦争でロシアが敗北したことから、中国でも反清、立憲運動が盛んになりその統治は大きくゆらぎ始めた。1911年、清朝政府が四国借款団からの借款をもとに鉄道国有化政策を打ち出したことから、9月に四川暴動、10月に革命派の武昌蜂起が起こり、ついに辛亥革命(第一革命)となった。
 翌1912年1月1日孫文は南京で臨時大総統となり、中華民国の成立を宣言した。しかし、政権を十分掌握できておらず、清朝末期の実権を握っていた袁世凱は孫文と取り引きして、武力によって幼帝の宣統帝を脅して退位を迫った。皇帝側は皇室の優遇、満州人などの漢人との平等な待遇などを条件にして同1912年2月12日、退位した。これによって清朝は277年目(清の前身後金を加えれば12代297年)で滅亡した。これは同時に、始皇帝以来続いた中国の皇帝政治の終わりでもあった。中国の歴代王朝では皇帝は死後に「廟号」が贈られるが、宣統帝は生きたまま退位したために、廟号がない。

満州国執政、次いで皇帝となる

 その後、溥儀は北京の紫禁城で幽閉同様の生活を送っていたが、1931年、日本の関東軍満州事変を引き起こし、翌年に傀儡国家として満州国を建国すると、溥儀は担ぎ出されて執政となり、首都新京に入った。ついで1934年、満州国皇帝(在位1934~1945年)となった。溥儀は清朝皇帝としては宣統帝と言われたが、満州国皇帝となってからは、日本ではそのまま名にすぎない溥儀と呼ばれていた。また満州国の実際も日本人が官僚、軍隊の実権を握り、傀儡国家にすぎなかった。

戦後の溥儀

 1945年8月、ソ連軍が国境を越えて侵攻し、満州国は崩壊、溥儀もソ連軍に捕らえられ、ハバロフスクで抑留生活を送った。東京での極東国際軍事裁判所では検察側の証人として証言台に立ち、満州国執政、皇帝となったのは日本軍の脅迫によると証言した。その後、中国側に戦犯として引き渡され、撫順・ハルピンなどの戦犯収容所に収容された。1959年に特赦によって出所し、政治協商会議の全国委員などを務め、最後は一市民として1967年に波乱に富んだ生涯を終えた。
印 刷
印刷画面へ
DVD案内

B.ベルトリッチ監督
『ラストエンペラー』
書籍案内

溥儀『わが人生』
上 ちくま文庫

溥儀『わが人生』
下 ちくま文庫